2010年02月03日

節 分

一昨日依頼がきた第三者行為災害手続き。
今回は、交差点での衝突事故ですが、被害者の女性は右腕切断という重症です。

通勤途上中の事故なので、労災+障害年金。

本日、手続きのためにご家族や会社の方と面談させていただきました。
事故からまだ1週間足らずなのに、被害者の方は左手を利き手とする
リハビリを既に始めているとの事。

仕事に復帰するために、前向きに現実と戦っている姿には頭が下がります。

三者行為の仕事をしていると、本当に「車は凶器」と痛感させられる事が多いです。
自分を含め、ハンドルを握る方には、くれぐれも交通法規を守り
安全運転していただきたいと願います。


さて、本日は節分ですね。
我が家も3人で豆まきをして、夕食に恵方巻きをガッツリいただきました。
スーパーで、4種類の巻きずしを購入し、ちょっと買いすぎ?と
心配しましたが、心配ご無用!!

この↓ ↓ 「恵方巻」全て完食でしたわーい(嬉しい顔)(もちろんほとんど旦那)

なんで、同じ人間で胃袋に入る量がここまで違うのか・・・

永遠の謎なのデスふらふら

恵方巻.jpg
posted by akkopyon at 21:48| 千葉 ☁| Comment(2) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

お問い合わせから

いつもホームページを見てくださった方々から障害年金の
ご相談を賜っております。
ありがとうございます。

本日のご依頼者さんは、初めの申請は”ダメもと”で自分自身でするので、
希望等級に該当しなかったら審査請求をお願いしたい
とのお話しでした。

私は即座にNO!!
そして、こう答えました。

「報酬はいただきませんから、裁定請求される前に一度私に書類を見せてください。」

本来の請求がダメなら審査請求や再審査請求があるじゃないかと
思われがちですが、一番重要なのは裁定請求(初めの申請)なんです。

あとから覆すには、それなりの根拠や証拠が必要。
証拠があったって棄却されるケースもあるのですから。

いかに裁定請求で現症に見合った等級に決定してもらうかが重要なんです。

今は、インターネットで手続きの仕方等が詳しく書いてありますから
ご自身での申請は大変でも出来ると思います。
ただ、等級が微妙なケースの場合は、私どものような年金のプロである
社会保険労務士にお任せいただいた方が良い結果になる可能性が高いと
思っています。

本日のご依頼者さんは、ご理解してくださいました(^^)
posted by akkopyon at 22:18| 千葉 | Comment(10) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

無力

以前から何度かブログに取り上げていた、障害年金の再審査請求の結果が
本日夕方、厚生労働省から届きました。

”棄却”でした。

私としては、かなり自信ありましたし、それなりの確証がありましたので
謄本を読んだときは、正直唖然としました。

怒りと、悔しさと、力になれなかった情けなさと、むなしさが入り乱れております。

ただ、言えることは私の力不足 それだけです。

社会保険労務士になって、こんなに自分の無力さを痛感したことはありません。

障害年金を申請するにあたり、「精神誠意、真実を語れば必ず結果が出る」
これが私の信念でしたが、見事に崩壊です。


残る最後の手段は訴訟のみ。







posted by akkopyon at 21:49| 千葉 | Comment(7) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

無理難題

今日、社会保険事務所で、同支部の方にお会いしたので
「先生、いつまでお仕事されるのですか??」とおたずねをしたら・・・

「うん。72歳ぐらいかなぁ」とのお返事・・・

スミマセンっ 私は年内の仕事納めをお聞きしたまででして(^^;)
失礼いたしましたあせあせ(飛び散る汗)

夕方、第三者行為の加害者さんと電話でお話をしました。
書類にサインを貰いに行くためのお電話だったのですが、
その方「今すぐ来い!!」と。

もう、5時過ぎだったので私が「今日は無理ですどんっ(衝撃)」とお断りをすると
「じゃあ、明日朝7時だ!」と。

明日は、新宿に行く予定があるし、いくら市内のお宅だとしても
朝7時には無理すぎです。

結局、明日8時に伺う事になったのですが、
「俺は1秒単位で予定を決めているんだ!!」とか、
「なんで今から来られないんだ!」とか、無茶苦茶な事ばかり連発。

こちらにも都合ってものがあるんですけどぉぉたらーっ(汗)と心の中で思いつつ
お仕事をいただいている某損保会社さんにご迷惑をおかけしないように
丁寧に対応しました。

久々に強烈な方に当たってしまったあせあせ(飛び散る汗)

明日は、新宿で忘年会バー
仕事納めは28日です。

ちなみに、私は生涯現役でガンバリマス(^^;)




posted by akkopyon at 22:34| 千葉 | Comment(4) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

熱意

先月から、同支部の★先生からご依頼があり
1件、障害年金の申請のお手伝いをさせていただいております。

病名は「高次機能障害」

診断書は精神の疾患用を使用します。

★先生は医師からあがってきた診断書の内容に少し納得がいかない様子
日常生活の状態が実際より、若干軽めに感じたようです。

そこで、私は診断書を書いた医師に直接お願いしてみたらどうですかと
提案しました。

私もよく同じケースがあり、現状を説明し医師に訂正依頼をしますが、
1度書いた診断書は、なかなか訂正して下さる医師は少ないです。
訂正依頼は、いかに怒らせず書き直してもらうか難しいんですよねたらーっ(汗)

★先生は見事大成功。
きっと★先生の熱意が伝わったのだと思います。
医師が訂正してくれました。

★先生の書いた日常生活等の申し立てを読んでも
私にもその熱意がビンビン感じてきましたから。

今回のケースは、最初2級Or3級の微妙な状態かなと思っていましたが、
診断書が書き直されたことで、確実に2級決定だと思います。

★先生の熱意がもたらした2級ですね(^^)



posted by akkopyon at 20:59| 千葉 | Comment(5) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

不況に強い就業規則って!?

今日は、午後から就業規則の改定ポイントについての
研修に行ってきました。

社労士会主催の一般企業様対象の研修。
その研修で使う資料がかなり良い!って噂を聞き、
ホントのこと言うと資料だけほしかったのですが、、、

出席しないともらえないとの話だったので、時間を作って参加してきました。
(連合会が出版してるんだから、そんなに良い資料なら全会員に配ってくれれば・・・ケチクサイっ)← ゴメンナサイ
就業規則のポイント.jpg

この資料↑噂どおり、裁判員休暇や、インフルエンザ休暇など今を反映したポイントが満載でした。

最後に、出席された企業の方から、今日の研修のタイトルでもあった
不況に強い就業規則について、「どこが不況に強いの??」との質問が。

答えは、、、(-_-;) 


さー週末です。
楽しく充実した2日間を過ごしましょーダッシュ(走り出すさま)







posted by akkopyon at 21:12| 千葉 ☁| Comment(2) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

熱くなる理由

デカ寿司.jpg

今日のランチ↑ ↑

でかいです。

普通の握りの1.5倍ぐらいあります。

もちろん食べ切りませんでした(T_T)


本日は、昨日の記載どおり、木更津支部の研修で講師をしてきました。

話しながら、自分の頬が興奮で紅潮しているのがわかりました(*^^*)

ご出席の先生方、私のつたない話を2時間も聞いてくださり、
ありがとうございました。

研修の最後に、「akiko☆を熱くさせるその理由は??」との質問がありました。

それは、ズバリexclamation 私を頼って来てくれた相談者さんのお役に立ちたいから。

それだけです。

これからも、ご相談者さんの立場に立ち、誠心誠意手続きをしていきたいと思っています。

あなたの安心が私の仕事ですから!

今晩はゆっくり眠れそうです眠い(睡眠)眠い(睡眠)




posted by akkopyon at 21:26| 千葉 | Comment(6) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

中国のお土産

パンダクッキー.jpg
中国の万里の長城に観光に行ってきた方からお菓子をいただきました左斜め上

読めますか??

熊猫=パンダ
曲奇=クッキー

そうですこのお菓子の正体は、これ〜↓ ↓

パンダクッキー2.jpg

熊猫って、どんなでかい猫?って感じですが、パンダなんですね。
つい笑っちゃいました。

さて、明日はいよいよ支部研修での講師の日です。

タイトルは、「障害年金・確実に受給するために Part2」

教育部会副部長(会計)の私は、講師 兼 飲み物係 兼 会場費支払い等々 大変忙しいわけです。
講師の謝金も自分で用意しちゃいましたよ〜ヒッヒッヒ.gif

出席される先生方にご満足いただけるか不安ですが、
精一杯務めさせていただきますキティ2.gif
posted by akkopyon at 21:25| 千葉 ☁| Comment(5) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

年金研究会

今日は、定例の年金研究会グッド(上向き矢印)

私はいつも食事担当。
これ、結構重要な役割なんですよ!

といっても、毎月お寿司って決まってるんですけどね(^^;)
今晩は、出前のお寿司でなく買ってきましたのでいつもより安く上がりました。
安く上がった分、スーパーのお総菜もつけて、豪華(?)な晩餐でしたわーい(嬉しい顔)

研究会は、どうだったかって?
もちろん充実してましたよ〜
17ヶ月間の厚年期間を持った外国人の年金手続きについての実例や
皆さんの体験談など、勉強になることばかりです。
(脱線もしますけど、それがまた楽しい)

来月の研究会は、忘年会デスビール










posted by akkopyon at 22:51| 千葉 | Comment(2) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

幸せを感じる瞬間

今晩、とても嬉しい電話携帯電話がかかってきました。

7ヶ月前に申請した障害年金の申請の依頼者さんからで、
障害基礎年金・厚生年金の2級に決定をしたとの連絡でした。

この案件は、初診日が古すぎて初めの医療機関で医証がとれませんでした。
2番目の医療機関でで初診の証明を依頼したところ、カルテには
初めにかかった病院の初診日が本来の初診日と数年違って記載されていたんです。
問診の際の記載ミスか何かだと思います。
2番目の病院は、もちろん初診証明をカルテどおりに書いてきました。
(間違いだと言っても、理解されませんでした)

間違っている初診日だとお勤め中ではないので、障害基礎年金に
なってしまう。

これはなんとしても、その医証に書かれた初診日が間違いであると
証明しなければなりません。

その医証を覆す証明が苦労したんですよたらーっ(汗)

申請してから決定までの月数を考えると、社保庁もいろいろ迷われたのでしょうね。

苦労が報われ、ホットしましたあせあせ(飛び散る汗)

依頼者さんもとってもとっても喜んでくださり、お役にたててホントに光栄です。
そして、この仕事に携わって良かったとつくづく感じております。

今後も皆様のお役に少しでもたてるように、研鑽を積んでいきたいと思います。

あなたの安心が私の仕事ですから ねっ
posted by akkopyon at 21:25| 千葉 ☔| Comment(6) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

人事を尽くして天命を待つ

昨日のブログで書いたとおり、本日、障害年金再審査請求の
口頭陳述に出席するため、厚生労働省に行ってきました。

厚労省.jpg

本日の審議の詳しい内容は記載できませんが、私の提出した確証に対して、
原処分を下した保険者がどのような意見を述べてくるのか、
非常に気になるところでした。

メンバーは、有識者(委員)3名・参与3名・保険者3名・代理人(私)の10人。
(傍聴人1名)

保険者の意見(反撃)は、まったく話にならないような内容。
大変失礼な言い方ですが、負けを認めたような感じにすら受け止められました。

私も短い時間の中で、自分のまとめていった意見を言いましたので、
悔いはありません。

後は結果を待つだけです。

委員&参与の適正な決断を期待します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日のランチは、厚労省の最上階にある定食屋さんレストラン
あいにくの天気雨だったので、視界が悪く残念でしたバッド(下向き矢印)

チープなお値段なのに、とっても美味しい親子丼でしたわーい(嬉しい顔)

帰りの東京駅八重洲地下街で、甘い匂いに誘われスイートポテト専門店へフラフラッと。

家族へのお土産を買ってきました。
スイートポテト.jpg














posted by akkopyon at 21:18| 千葉 ☔| Comment(2) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

委任状

久々にお仕事のお話です。

今日の午前中、以前に障害年金の申請手続きをした方から
お電話がありました。
この方は、メンタルな疾患で障害厚生年金3級を受給中です。

電話の向こうで、悲痛な声で「状態が悪いんですぅ どうにかなりませんか」と。

この数ヶ月、仕事もまったく出来ていないそうです。

障害年金を受給している人の障害が重くなったときは、
『額改定請求』というものを行なうことができます。

「より上位の障害等級にして下さい」という請求です

この方は、前回の申請から1年以上経過していますのでこの手続きを
提案しました。

申請には、現症の診断書が必要です。

それ故、私が代理人として、午後に某メンタルクリニックへ
診断書作成願い&診断書に委任状を付けて持参しました。

クリニックの窓口で依頼をし、しばらく待っていたら、
窓口の女性が「Drが、本人が持参しなければ受け付けないと言っている」とのこと。

えっ?.gif

なんの為の「委任状」なのでしょうか???

その場で、窓口の女性に委任状(委任契約)の意味を説明しましたが、
「Drが言っているから」の一点張りで話になりませんちっ(怒った顔)

窓口でのやりとりは、他の患者さんのご迷惑にもなりますし、
理解をしてくれそうもなかったので、仕方なく早々に引き上げました。

このような病院は、未だかつて初めてです。
某Drの良識を疑い、非常に憤りを感じた午後一のお仕事でした。


さて、明るい(?)話題に変わりまして、

先日から育て始めた”祖母の四葉のクローバ
1週間でかなり成長しました。

四葉のクローバー.jpg

毎朝、祖母と水やりをしていますわーい(嬉しい顔)





posted by akkopyon at 20:50| 千葉 ☁| Comment(2) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

秋の研修

木更津支部は、年に10回程支部会員対象に研修を実施します。
そのうちの、11月に開催する研修の講師を賜りました。
(ありがたいお話です)

内容は「第三者行災害」について との事でした。

でも、私的には・・・
できれば「障害年金 第2弾!!」でいきたいんですよね。

第三者行為災害の場合、枠が広すぎて、どのあたりに重点を置いて
話をすればご期待に添えるのかが、難しいところ。

労災なのか、健保なのか、国保なのか・・・
それとも、大きく見て全てなのか???

それに比べて、障害年金なら、昨年の第1弾に引き続き
申請のポイント等々をお話出来ると思うんですけどね。

な〜んて言っては罰が当たる。

与えられた使命をきっちりこなさないといけませんよね。

うん。秋までに構想を練ろう。

そして、11月には支部の皆様にご満足いただけるような研修にするのだ!
シンデレラ.gif
posted by akkopyon at 21:45| 千葉 ☁| Comment(3) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

テンション↑↑の理由

今朝は、テンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)です。
以前からブログで記載している
兵隊として戦争に行っていないのに、手続きミスによって、
戦争に行ったことになって厚生年金の期間が短くなってしまっていた話。
最終的な支払い決定通知が届いたとの連絡がありました。
電話の後、ご本人が通知書原本を届けてくださいました。


ここで、このブログを最近から読んで下さっている方の為に
過去の流れをまとめてみます。

(掲載は、ご本人から了解済みです)


正 某航空機製作所 入所日(厚生年金資格取得日)昭和17年6月1日
              退所日(厚生年金資格喪失日)昭和20年9月10日


誤 某航空機製作所 入所日(厚生年金資格取得日)昭和17年6月1日
              退所日(厚生年金資格喪失日)昭和18年4月1日

正誤の期間、29ヶ月が宙に浮いていた。

<理由>
 A氏は某航空機製作所で、航空機を作っていた。
昭和18年に同僚達は戦争に行くため厚生年金の資格を喪失した。
しかし、A氏は目に疾患があったため、兵隊には行かず、
職場に残って航空機製作に従事していた。
終戦(昭和20年8月)の翌月9月10日に、製作所は解散。
従業員も全員退所(資格喪失)となる。
終戦の知らせを廊下で一列に並んで聞いたという当時の鮮明な記憶がある。

しかし、A氏の記録は、手続きの際の錯誤で、
兵隊に行った同僚達と同様に昭和18年4月に喪失をかけられていた。

年金特別便受取日         : 平成20年3月6日
当事務所への依頼日        : 平成20年4月11日
修正記録・申し立ての提出日    : 平成20年4月15日
被保険者記録照会回答票受取日 : 平成20年11月5日
(この時点で正しい記録として決定されました)
新 年金証書受取日          : 平成21年4月2日
通常遡及(60ヶ月分)支払い日    : 平成21年5月15日
(支払額 850,000円)
時効特例給付支払い決定通知書受取日: 平成21年5月30日
時効撤廃遡及(193ヶ月分)支払い日 : 近日中
(支払額 2,379,000円)

決定&本人に振り込まれるまでにかかった期間は約1年。
想像以上に、早い決定で驚いています。

ご本人&家族は、とても喜んでくれました。
私も本当にうれしいです。社労士やってて良かったと心から
思える瞬間です。

午前中いっぱいテンショングッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)でしたかわいい


posted by akkopyon at 11:43| 千葉 ☁| Comment(2) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

利息

”国税還付金振込通知書”が届きました。

そう。3月16日最終日に確定申告(電子申告)をした、
源泉所得税が還付されるんです。

なかなか通知がこないな〜と首を長くしてお待ちしてましたが、
やっと5月19日付けで振り込まれるそうです。

なっなんと、4.3%の利息が付いていました。

今の世の中で、4.3%もの高利率!!! 
普通じゃ、あり得ませんよね。
旦那曰く「還付金詐欺だ・・・」と。


ところで、1年前に手続きをした相談者さんの、”宙に浮いた年金”も
本日ご本人の元へ還付の案内が届いたそうです。

この方は、「年金時効特例法」に該当するため、20年間分の
宙に浮いた年金部分が遡及されます。

今回の振り込みは、通常の遡及として5年間分のみ。
約1年以内に特例法に該当した15年間分が還付される事になります。

でも、20年間分の年金が還付されても、利息なんて1円も付きません。
国の手続きミスで宙に浮いてしまったのに。。。

その相談者さんだって、本来受給できていれば、
その年金を運用していたかもしれないし、有効に活用できていたはず。

「全額返せばいいんだろ!」的な国の考え方に、いささか不満を感じるのは
私だけでしょうか・・・






posted by akkopyon at 21:33| 千葉 | Comment(2) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

第三者行為災害

被 災 者: 某社 新聞配達員 A子
加 害 者: 労災太郎 宅 飼い犬ジロー

事故内容: 配達員が、朝刊を配達中、注意書きのないお宅の庭で
       鎖がはずれてる飼い犬に足を噛まれた。

この事故、旦那の顧問先で発生したものです。

三者行為ですね。

良くありますよね。このようなケース。

私も以前、「社員が出張先のお宅の犬に噛まれ負傷した」という
事故がありました。
その時は、お互いに知り合い(仕事関係)ということもあって、
治療費(自由診療)とお見舞い金で示談し、
労災は申請しませんでしたけど。

第三者行為災害が大得意の私。
旦那から、書類の書き方で相談を受けた時、ここぞとばかりに
大威張りで教えてあげました(威張れる仕事はこのくらいだから)
旦那曰く、「俺が犬の絵をかくとタヌキになってしまう」と。
だから、事故現場の絵は、私がお引き受けしました
私が書けば、タヌキではなく、キツネぐらいには見えるでしょう・・・


ところで、私も今日の三者行為の発注は、労災事故でした。

被災者は自転車で通勤途上中事故に遭遇。

内容は、道路に面した駐車場に止めていた車のハッチバックトランクが
開けっ放しだったために、自転車で歩道を走っていた被災者が
トランクに激突したというもの。

やはり、車の持ち主にも過失有りですね。

仮に、トランクが閉じていて、自転車が前方不注意で
駐車場に止めてある車に衝突した場合は、
第三者行為にはなりませんよね。
自爆ですから。

まだ、現場検証には行っていませんが、自転車が歩道ではなく、
道路を走っていれば、今回の事故は起こらなかったと思います。

荷物の出し入れでトランクを開けたままにしているときって
私にも経験あります。
今回の事故で、改めて注意をして生活しなければと感じました。
posted by akkopyon at 21:28| 千葉 🌁| Comment(2) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

再審査請求 やるべきか・やらざるべきか

連休前に、社会保険審査官より届いた審査請求却下の事案。
休日の今日、改めて送られてきた謄本を熟読しました。

先日のブログにも書きましたが、残念でなりません。
初めから私がお手伝いしていたら・・・

障害年金請求は、本来の請求でいかに希望の等級に決定が
下るようにするかが本当に大事なんです。

ダメなら審査請求・再審査請求があるじゃないかと思われがちですが、
審査請求をする社会保険審査官は厚生労働省・社会保険庁の職員。

身内の決定を身内が1人で審査するわけだから、本来請求が覆る
可能性は低いんです。

過去に数度、審査請求までいったケースがあり、却下になったのは
今回が初でしたが、それは、過去の事案が絶対的に間違っていると
断言できるケースだったから。

さて、結果は結果として受け止める必要があり、今後どうするかを
決めないといけません。

方法は2つ

@ 本来決定から1年経過後に”額改定”請求をする
A 再審査請求をする

Aの再審査請求は、社会保険審査会(有識者6名)が審査しますので
公平な観点で審査してくれます。
ただし、決定が下るまでに時間がかかります。
(長いときは3年かかることも)
3ヶ月たって、決定が降りないときは訴訟に移行できますが、
訴訟となると、社労士では代理行為ができませんので、
新たな代理人として、弁護士先生や司法書士先生に依頼することに
なり、現実的には難しいです。

今回は@orAどちらを選択するべきか。

Aは、リスクが伴います。

リスクその1 決定まで時間がかかることで、精神的に悪い。
       (メンタルな疾患故、病状悪化が予測される)

リスクその2 社労士報酬が発生する
       再審査請求は、通常の手続きと違って「成功報酬」
       とはできません

リスクその3 口頭陳述(最低でも1回はあります)に行かなければ
       ならないので、社労士の日当・交通費など実費がかかる

リスクその4 再審査で万が一却下された場合、ショックで病状悪化が
       予測される

上記の事をふまえて、来週、ご本人、ご家族に最終判断をしていただきます。

リスクを負っても再審査請求を望むというのであれば、
私もやるからには勝ちにいきます。
それなりの根拠や証拠など、準備をきっちりとして
社会保険審査会へ乗り込みますパンチ


posted by akkopyon at 19:53| 千葉 | Comment(5) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

棄却

主文 ”審査請求を棄却する”


残念な結果が、社会保険審査官から送られてきました。

棄却・・・

この決定は、メンタルな疾患で悩む方からのご依頼で
3月に審査請求をした結果です。

ご自身で、手続きをして障害厚生年金3級の決定がおり、
納得がいかないという事で、私が審査請求のみを承りました。

残念です。

メンタルな疾患はご本人の申し立てより診断書重視
私が初めから依頼されていれば、医師と直接お会いしたり、
もう少しお役に立てたのではないかと悔やまれます。

ご本人は再審査請求を希望しています。

最後の望みをかけて、精一杯お手伝いさせていただきますパンチ



ところで、皆さんは「世界最小パズル」をご存じですか?

通常のジグゾーパズルと比べるとこんな感じ↓ ↓

世界最小パズル.jpg

なんと、1000Pでも、A3サイズなんですよ。

実は、試験が終わったらこのパズルに挑戦しようと思っています。

やりごたえもありそうですよね。

もちろん、通常のパズルも同時進行で進めようかなぁと思っていますが。

なにしろ、試験が終わったら、パズル三昧で過ごしたいんです。
そのことを考えるだけで、今からウキウキしてきちゃいます♪
posted by akkopyon at 20:17| 千葉 | Comment(4) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

校正の重要性

今朝の新聞で、某社労士の書いた参考書に215カ所の間違いが見つかって
回収作業に追われていると載っていました。
その本、受験生向けだったようで、執筆者もさぞ焦ったことでしょうね。

実は、私にも似たような経験があります。
過去に、約1年間地元の新聞に、年金Q&Aを執筆連載していた
時期があったんですが、
1度だけ、間違った回答をしてしまったことがあるんです。
掲載された朝に間違いに気がつきましたが、焦ったなんてもんじゃありません。
青くなりましたがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
すぐに、お詫びと訂正の記事を書き、翌朝の新聞に間に合うように
手配しましたが、その時は本当に、校正の大事さを痛感しましたね。
慎重さがかけていた事を深く反省しました×××


さてさて、話は変わりますが、ここ数日、旦那の元気がないんです。

その理由、私は知っています。

うちから数分の場所にある小規模なスーパーが5月一杯で閉店するからなんです。

数日前、スーパーの入り口に「重要なお知らせ」の張り紙が貼ってあったそうで、
そこに、5月をもって閉店すると書かれていたそう。

そのスーパーで、夕方散歩がてらに、ビールと朝食用のパンと牛乳を買うのが
旦那の日課。
なくなると非常に不便になるそうです(-_-;)

何度も深刻にため息をつかれてしまうと、私の立場がないような気が・・・

 我が家の今晩の夕飯です↓ ↓ ↓  
003.JPG

この「ちくわ」、ちょっと割高でした(^^;)
posted by akkopyon at 20:23| 千葉 | Comment(6) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

U先生を囲む集い

今日は、天気予報どおり初夏のような暑さ。

うっすらと汗ばんで、半袖姿で仕事をしていました。
これからは、移動中の車内での日焼けにも十分注意が必要です。
こわいこわい。


さて、本日は昼をかねて、労働基準監督署に5年間お手伝いに
行かれていた 同支部の先生を囲んで、数人でお疲れ様会を
催しました。
主催者は、「若草姉妹」。
変顔.JPG
(写真をクリックすると拡大した変顔が写ります)
囲む会 004.jpg
写真のお着物の女性は、先生の奥様。
普段着がお着物という、純和風の素敵な方です。

その席で、このようなお話しをうかがいました。

人は、学生期(ガクショウキ)・勤労期・林住期・遊行期の4つに分かれていると。
私は、現在は勤労期!? まだまだ学生期であるような気がします。
林住期とは、お金のためでなく、お金のためにはなにもせず、
ただただ旅をする期(人生で一番充実した期間)なんだそうです。
お遍路さんをまわられた先生は、まさにこの期にあたるのでしょうね。

今後、自分が何期であるかなんて意識して過ごすことは
無いと思いますが、その日その日を大切に過ごしていき、
いつか人生を振り返った時に後悔のないようにしたいですね。

おわりわーい(嬉しい顔)
posted by akkopyon at 14:36| 千葉 ☀| Comment(6) | 社会保険労務士のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。