2013年07月13日

無事に生還

無事、11日に視力矯正手術(ICL 有水晶体眼内レンズ挿入術)を終え、
昨日帰宅しました。

当日の手術は9名。
ほとんどの方が、水晶体交換手術で、ICL挿入術は私含め2人。

室内20℃に設定された手術室待合室は、冷え冷え状態で
完全装備で待機していました。

待機中から始まった点滴の中にも安定剤が入っているようで、
既にウトウト状態だったのですが、、、
術中に投与された麻酔が私には効きすぎて、手術が終わった後も
他の方はサクっと歩いて部屋に戻れたりお食事を始められたようでしたが
私だけは9時過ぎまでベッドで爆睡状態でした。

結局、術後数時間経った頃どうにか目覚めて軽い食事を。

なので、術中の様子などわからず、怖さとか不安とかを全く感じずに
受けることができました。

当日は瞳孔が完全に開いた状態だったので、視力の回復は感じることができず
ボヤーッとした感じだったのですが、、、

翌朝の爽快感はまさに感動的!!
診察では、まだ多少瞳孔が開いてるので、数日後はもっと完全な爽快感が得られるとの話でした。

術後2週間で、水泳やダイビングまでOKなのだそうですよ。
私も、ヨガや散歩、重い荷物などは2週間は禁止しようと思っています。

約35年間の眼鏡&コンタクト生活が、数十分の手術で矯正できる。
医学の進歩ってすごいな・・・とつくづく感じた今回のオペでした。

レーシックがご不安な方や、強度近視で対象外の方等、ICLの情報をお知りになりたい方は
<HP問い合わせ>からご連絡頂けましたら詳しくご伝授させていただきます。

ちなみに、ICLを挿入した方のブログを見ていたら、術後の目の状態が真っ赤でしたが
おかげさまで、私の状態は見た目には何も変わりはないです。

ご心配くださいました皆様、ありがとうございました<(_ _)>

この3連休は、目を休めてのんびり過ごそうと思っています。
posted by akkopyon at 08:43| 千葉 🌁| Comment(0) | 視力回復治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。