2013年02月13日

明るい光が(T_T)

視力回復治療のその後です

視力回復治療オサートについては、以前のブログに記載したとおりで、
私の強度近視にはむかない治療だということと、当該検査の中で私の網膜が
かなり薄くなっているといった事が判明したのが今日までの経緯でした。

視力回復はともかく、「網膜が薄くなっている」事にかなり衝撃を受けた私。
そこで、今回は横浜市内にある某眼科医に「最後の頼みの綱」として相談に行ってきました。
この病院、世界最先端の治療と技術と設備が兼ね備えられており、
日本のみならず世界から難症例の患者さんが来院してくるそうなんです。

初診は朝8:00までに病院に行かなければならなかったので
昨日から横浜市内のホテルに滞在し、本日無事に行ってきました。

相変わらず小心者の私は、妙に気持ちが高ぶり
今朝も3時に目覚めてしまいましたよ(笑)
二度寝はせず、長風呂に入ったり、朝食を食べたりして時間をつぶしてました。

そして、7時45分に病院到着。
なんと、もう既に45人待ちでした。

この病院、最先端治療でも有名だそうですが、混雑することでも有名。
早い人では、6時に名前を書きに来る方もいるそうです。
院内は朝から大混雑。
広い待合室も座るスペースが無く立って待っている方もおられました。

さて、前置きはこの辺で、、、

私はと言うと、半日かけて、ありとあらゆる目の検査を行いまして
その検査結果を持って副院長先生の診察を受けました。

まず、私の強度近視ではレーシックは対象外であることは告げられ、
そのほかに2つの治療方法を説明してもらいました。

1.自身の水晶体を全く作られた水晶体に交換する方法
<単焦点眼内レンズ・多焦点眼内レンズ>

2.水晶体はそのままで、角膜と光彩の間に人工レンズを入れ、近視、乱視、遠視を矯正する手術
<フェイキックIOL>

1の場合、水晶体事変える訳なので、近視はもちろん、今後発生するであろう老眼や白内障にも
なることは無い、最先端の治療なのだそうです。

2については、自分の視力に合わせたオリジナルな人工レンズを作ります。
左右の視力を同じにせず若干変えることで、これから発生する老眼対策をするそうです。
そして、高齢になって白内障を煩ったときに、1の手術を再度するといった流れです。

それなら、初めから1の水晶体交換手術をした方がいいのでは??と思いませんか?
私は思いました。
でも、先生のお話によると、やはりピュア(自身の)な水晶体に勝る物は無いのだとか。
私のようなまだ水晶体が濁っていない人の場合は、白内障になってからでも遅くない
仮に10年後なったとしたら、医学は日進月歩なのでその間にもっと良い手術が
行えるようになっている可能性もあるとの事です。

なるほど〜  

だから、年齢が50歳を過ぎた方だったら、直接1の手術を受けても良いかと思うが
まだ白内障までに年月があるような人にはできるだけ自分の水晶体で頑張ってもらった
方がいいとの判断でした。

何しろ、説明が親切丁寧。
こんなに長く眼球の写真を見ながら詳しく説明を受けたことはなく、
今日だけで、かなり目の組織についても知識を得られたと思います。

よって、私は2の手術に決定しました。
人工レンズはオリジナルゆえ、できあがるまでに6週間以上かかるそうです。
それまでにレーザー治療を含め2回通院する必要があるそうで、
手術は4月後半から5月前半になりそうです。

気になっていた網膜が薄くなっている治療も、手術までの期間
これ以上悪くならないように点眼治療を始めます。

長い間不便だったこの強度近視ともついにサヨナラできる日が来るのです!!!!
まさか、こんな展開になるとは思っていなかったので、ホントにホントに嬉しいです。

セカンドオピニオン、サードオピニオンは必要なんだなって改めて実感しました。

最後のお会計が終了したのが3時過ぎ。
朝から長い時間でしたが、かなり有意義な時を過ごせたと思います。

諦めちゃダメなんですね。

この良い流れに感謝して、手術までの日を大事に大事に過ごしたいと思います。

長文になってしまいましたが、最後までお読み下さいましてありがとうございました。

posted by akkopyon at 19:39| 千葉 ☀| Comment(2) | 視力回復治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさかのすごい展開ですね。
近視から解放されて、メガネも、コンタクトももう用はないなんて、まさしく夢の様ですね。
横浜にそんなに素晴らしい眼科があったなんて、灯台もと暗しだった。
昨年手術して経過の良くない母に教えてあげられたら良かったと大後悔!


Posted by オレンジ at 2013年02月13日 20:45
<オレンジさん>
私の手術は何しろ簡単なんだそうです。
左右少し切って、人工レンズをスルッと入れ込むだけ。
取ってしまえば元の状態なので危険性も少ないみたいです。
でも、手術は手術なので、1泊入院。
付き添いは必ず必要だそうです。

旦那も1の手術に興味津々。
私の次にやるかもしれません。
でもダテ眼鏡はかけるんだそうですよ。
サングラス代わりにいいかもしれませんけどね。
Posted by akiko☆ at 2013年02月14日 07:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。