2013年01月28日

オサート治療 その@

今週の水曜日に、赤坂にある眼科クリニックに行く予定です。
その理由は、視力回復治療(以下 オサートと呼びます)の為。

私は子供時代から近視が強く、小学生からメガネっ子でした└◎◎┘

『視力回復センター』みたいなとこに通ってみたり、当時まだあまり見かけなかった
コンタクトレンズも、先駆けで購入したり、、、
かなり視力には苦しんでいます。
(今までにかかった費用はいったいどのくらい!?)

視力回復治療と言えば、ここ数年レーシック(角膜を削る治療法)を施術される方が増え、
私の周りにも視力が治って喜ばれている方が大勢います。

ただ、私のような眼圧が少々高めの人はレーシックは不向きなようで
さらに加えれば、私自身、「これ以上身体にメスを入れたくない」といった
他の方とは違う感情がありまして・・・
視力を取り戻した方を羨ましいなぁと指をくわえているだけでした。

しかし!!!! 昨年秋にニュースの特番でこのオサート治療を知り
これこそ私にとって理想の治療法では!と思ったのです。

オサートは、夜寝ている時に眼に型を付ける、特殊なハード・コンタクトを装着して、
視力を取り戻すといった治療法です。

夜間に装着して就寝するだけで、翌朝から24時間〜30時間程 裸眼で生活できる
画期的な治療法なのです。

極度の近視や、遠視・乱視・老眼にも対応できるので、
将来的にも老眼鏡が必要なく生活できます。

予約の電話を入れてから約3ヶ月待ちでやっと 明後日の初診を申し込めました。

当日は早朝に病院に行き、5時間余り病院で過ごします。
夜間と同じ状態を作ってみるそうです。 

私のようなド近眼は、速効の効果は無いそうで段階的に視力を上げて行き
最終的に1.5になるそうですよ。

ちなみに、オリンピックレスリング金メダリストの吉田選手や伊調姉妹も
オリンピック3ヶ月前から治療を始め、1.5の視力で試合に臨んだそうです。

私の周りでは体験者がまだいないので、このブログを通じて
治療報告ができればなと思います。
というわけで、本日よりカテゴリを追加しました。

赤坂のクリニックに8:30までに行かないといけないので
明日の晩は都内に宿泊します。

福ちゃんさらば!!(大泣き)

                                                        
posted by akkopyon at 21:03| 千葉 ☀| Comment(2) | 視力回復治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オサート治療すごく興味あります。

裸眼視力1.5って小学生以来体験したこと

ないし、朝起きたら裸眼でハッキリ見えるって

ものすごい憧れです。

ただ私はハードレンズがまるでダメで、ハードレン

ズをはめて寝ることが出来るかがネックかな?

是非是非報告お待ちしてます。

Posted by オレンジ at 2013年01月29日 10:25
<オレンジさん>
ハードレンズ、初めて使用しましたが
かなり違和感有りでした。
寝ている間なので気にならないとは思うけど
寝方にも注意が必要で、
うつぶせはもちろん、横向きもNG
つい横むいちゃうってありますよね・・・
Posted by akiko☆ at 2013年01月31日 06:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。