2013年01月30日

オサート治療 そのA 最後におまけ付きだよ!!

先日の記載どおり、本日、赤坂にある眼科へ行ってきました。
昨晩から近隣のホテルに宿泊し、家事も介護も育児からも解放。
精神的にものんびりとゆったり過ごしたはずなのですが・・・
自覚はないですが少し緊張していたようで、今朝は3時半起床(笑)

散歩に行こうとも思いましたが、まだ外は真っ暗だし都会は物騒なので
持参した本を読みながら、今日の治療を想像しつつ時間をつぶしましたよ。

クリニックには8:10分頃到着。
まだ予約時間前でしたが、親切に対応して下さり早々に検査が始まりました。

ズラリとならんだ検査機器ひとつひとつを順序良くこなしていき
最後は裸眼の視力と眼鏡の視力測定。

その後、ついに仮レンズ(オサートレンズ)を装着しました。

レンズはハードコンタクトなので、かなりゴロゴロ違和感はあるものの
寝てしまえばよいことなので、そんなには気になりません。

ここで、驚いたのは、この仮レンズは度が入っていないのですが
レンズを装着したとたんに、眼球の形が形成されるので、
まるで度が入っているかのような見え方なんですよ。

30分リクライニングチェアーで休み(爆睡)、診察室へ。

そして、院長から衝撃の一言が・・・・ΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛

「かなりの近視だな〜 こりゃ裸眼生活は無理だよ!」とぶっきらぼうに。

ネットでは、かなり悪い方もステップアップで裸眼になっていると
調べていた私としては、かなりの衝撃。
しかも、テレビで見ていたあの”にこやか”な院長はどこ?って感じでしたよ。

その後、2回レンズを変えながら、計2時間 レンズを装着し休んでいました。

レンズをはずした後、装着前に行った検査を1からやり直し、
裸眼で視力を計ってみると・・・
あらびっくり。
見えなかった0.1が見えているではないですか!!
いつもの眼鏡が度がきついし。

たった2時間でもこんなに効果があるんですね。

最終的な院長との面談で説明を受けたのですが、
私の場合は、かなり近視が強いので、5ステップアップしても
裸眼0.7になれば良い方だそうで・・・

しかも、長年の極度近視がたたって、網膜が薄くなっている
重大な危機にあるのだそうです( ̄Д ̄;)

ショックです。

オサート治療をすすめれば、この網膜に関してはこれ以上悪くはならず
現状維持はできるそうですが、仮に0.7の視力がでたとしても
裸眼で車を運転するのは厳しそう。
そうすると、夜間のコンタクト治療と昼間の眼鏡ないしコンタクトといった
今以上にめんどくさい生活になるわけで、、、
確かに、眼鏡は薄い楽な眼鏡でいられるとは思いますが・・・

今日は5時間と入った長丁場でしたが、網膜を含め、現状を知ることができたので
かなり有効だったと思います。

このオサート治療をするかしないか、今後の網膜治療をするのかどうか
もう一度家族内で話し合って結論を出したいと思います。

オサート治療については、あくまでも私の眼が悪すぎたのであって
通常の近視・乱視の方には良い治療法だと思います。

= おまけ =

昨日宿泊したホテルは、赤坂サカスの超近く。
赤坂サカスには、前から行ってみたかったパン屋さんがあったんですよ〜

早めにホテルに到着したので、お目当てのパン屋さんまで。

そのお店とは、Dominique SAIBRRON(ドミニク・サブロン)
パリで3本の指に入る本場フランスのパンなのです。

高級ブーランジェリーと呼ばれるだけあって、お値段は高い!!
これはパンの域を超えていますね。

母と姉にお土産として購入したパンがこちら↓ ↓

マロン・ブランシュ.jpg

貧乏性な私は、同サカス内にある別のパン屋さん(ここも有名ですよね!)で
夕飯と夜食用を購入。
私には、こちらがあっているようです(笑)

アボカドサンドイッチ.jpg

黒糖ベーグル2.jpg

Delifranceの アボカドサンドと、黒糖ベーグル。

どちらも絶品でした☆







posted by akkopyon at 21:01| 千葉 ☀| Comment(4) | 視力回復治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。